How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Bill Evans / Interplay

Jim HallBill EvansはUndercurrent/Intermodulation以外でもう一つ共演があります。

  1. You and the Night and the Music (Howard Dietz, Arthur Schwartz)
  2. When You Wish upon a Star (Leigh Harline, Ned Washington)
  3. I'll Never Smile Again [take 7; original take] (Ruth Lowe)
  4. Interplay (Bill Evans)
  5. You Go to My Head (J. Fred Coots, Haven Gillespie)
  6. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)" (Harry Barris, Ted Koehler, Billy Moll)
  7. I'll Never Smile Again [take 6]

レコーディングが
July 16–17 and August 21, 1962 New York City

となっており、Undercurrentが
April 24 & May 14, 1962 Sound Makers, New York City

なので、Undercurrentの2ヶ月後の録音、ということになります。

本作、なんとJim Hallとトランペットが加わったクインテットBill Evansとしてはめずらしい編成です。

演奏はYou and the Night and the Music(あなたと夜と音楽と)から、The ジャズ!って感じになっております。 セッションに参加すると(僕は見学しかしたことありませんが)こういうカルテットにソリスト一人加わる、みたいな編成でやることが多いので、とても参考になるんじゃないかと思います。

Wrap Your Troubles in Dreamsも40'sの感じというか、Bill Evansだということを忘れてしまうような雰囲気。テーマの途中でリード楽器が変わっていて面白い。Jim Hall先生のワンコーラスのよくまとまったソロも堪能できます。

しかし、Evans作曲の表題曲 Interplay はハードバップよりも少し後、みたいな雰囲気の曲で、Jim Hall先生はここぞ!とばかりによいプレイ。やっぱりハードバップ以降のコンテンポラリーな人なのだ、ということだと思います。

1962年はマイルスの黄金のクインテットの完成前(翌年ウェイン・ショーターが加入)という時期なんですね。モダンジャズの完成とその後の展開が見える直前、といった感じでしょうか。 黄金のクインテットの4枚はこれらだけまったく別物!というぐらい本当にすごいので、またの機会に。ひとまずE.S.P. だけでも聴いてください。

E.S.P.

E.S.P.