How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Charlie Haden & Jim Hall / CHARLIE HADEN JIM HALL

Charlie Haden & Jim Hall

Charlie Haden & Jim Hall

  1. Bemsha Swing (Denzil Best / Thelonious Monk)
  2. First Song (Charlie Haden)
  3. Turnaround (Ornette Coleman)
  4. Body and Soul (Johnny Green / Edward Heyman / Robert Sour)
  5. Down from Antigua (Jim Hall)
  6. Skylark (Hoagy Carmichael / Johnny Mercer)
  7. Big Blues (Jim Hall)
  8. In the Moment (Charlie Haden)

2014年7月11日にCharlie Hadenが亡くなって、その後出たアルバム。 1990年のモントリオール・ジャズ・フェスティヴァルのライブを収録。

Wikipediaでざっと見ても共演作はこれしかないようで、初共演作かもしれません。 Charlie Haden - Wikipedia, the free encyclopedia

まず、ベースがすごい重低音で迫力あり。ヘッドフォンでずっと聴いていると疲れます。 スピーカーから出すとデュオとは思えない広大な感じになります。 録音は、ギターが若干遠いかなぁという印象。 演奏はとてもよい!

Body and SoulはIt's Nice To Be With YouでのJim先生の演奏が最高すぎるのですが、こちらの演奏もよい。 Ron Carterとの一連のデュオ作でもやっていないので貴重。

Body and Soul (Live)

Body and Soul (Live)

Down From AntiguaはRon CarterとLive at Village WestでやっているJim Hallオリジナル曲。 イントロから続くJim Hallハーモニクスを使った演奏とCharlie Hadenのベースのからみがとてもよい。空を飛んでいるような感じですね。

本作はハイレゾ盤も出ています。 http://mora.jp/package/43000006/00602537841851/