読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Jim Hall / I've Got You Under My Skin (1)

intermodulation.hatenablog.com

Jim Hall / Billie's Bounceの採譜が終わって練習・分析中でして、次の耳コピ用曲として Intermodulationの1曲目、I've Got You Under My Skinを選びました。

Jim Hallは難しいので、簡単なブルースからやろう、何にしてもブルースからでしょ!と思ってBillie's Bounceからはじめましたが、Billie's Bounceの方が断然難しいですね。長いし。I've Got You Under My Skinは3分半程度しかなくて、Jim Hallのソロは1コーラスのみです。

というわけでついに一番のターゲットに挑戦することになりました。

ソロは以前、ちょっとだけやったことがあったのでバッキングから始めました。 音色もリズムもとてもよくて好きなバッキングです。 このバッキングの上にビル・エヴァンスのソロが華麗に乗っていて最高な演奏です。 Billie's Bounceをコピーしているときにも、けっこう速いテンポなのに再生スピード半分に落として聞いてもリズムのズレがないことに驚きました。Jim Hallのリズム感、タイム感は本当にすごいです。

さて、16小節やってみましたが、2-5 と 半音上の7thコード(Ⅱb7、裏コード)、クロマティックアプローチとしての半音ずらしたコード、で構成されていて、他のスタンダードでも使えそうなアプローチになっています。 CDでは 01:07〜 になります。

I've Got You Under My Skinのオリジナルの最初の16小節のコード進行は調べてみたところ

Fm7 / Bb7 / EbM7 / C7
Fm7 / Bb7 / EbM7 / C7
Fm7 / Bb7 / EbM7 / C7
Fm7 / Bb7 / EbM7 / C7

のようです。 Jim Hallが弾いているコードで一番違うのは、3段目のEbM7(トニック。弾いているのはEb6 9)で次のC7のドミナント、G7を弾いて、さらに裏コード(Db7)でC7に繋いでいる部分です。ここでおっ?となりますがかっこいいですね。