読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Undercurrent / Bill Evans and Jim Hall (1) バージョンについて

f:id:intermodulation:20161128155420j:plain

Intermodulationばかり研究していますが、Undercurrentももちろん好きで、Jazzにハマるきっかけになったアルバムです。

UndercurrentはIntermodulationと比べると有名作なためか、かなりヴァージョンが乱立しています。

まずジャケットが3種類ぐらいあります(オリジナル、青、その他)。
収録曲がボーナストラックなし、ボーナストラックあり、ボーナストラックが違うもの の3種類あります。
あと、最近のものと以前のもので音質がだいぶ違います。 最近ものは音圧があって音の分離もよいので以降、高音質版と呼ぶことにします。

ちょうど先月、2016/10/26 に再発になっています。

www.universal-music.co.jp

これはジャケットがオリジナルで、ボーナストラックなし、(持っていませんがおそらく2010年版と同じ)高音質版になります。

で、うちのCDがいつのか調べたら、2010年に再発されたものでした。

こちら

アンダーカレント

アンダーカレント

これもジャケットがオリジナルで、ボーナストラックなし、高音質版になります。

この前の2006年発売のバージョンぐらいから、ボーナストラック無しになっているみたいです。

アンダーカレント

アンダーカレント

ボーナストラックが追加されているものは、Undercurrent (With Alternate) みたいなタイトルで

  • Stairway To The Stars
  • I'm Getting Sentimental Over You
  • My Funny Valentine (Alternate Take)
  • Romain [Alternate Take]

が追加になっています。なので、+ 4という表記のものがあります。

他の曲が追加の場合は、Jim Hallは関係ないドラムが入った曲などの場合がありますので注意です。

このボーナストラック、どれも聴いておきたいし、My Funny Valentine (Alternate Take)は特にだいぶ雰囲気が違いますので聴いておきたいところ。演奏はリリーステイクに比べるとイマイチです。

音質なのですが、手元の2010年版と、Apple Musicで聴けるどのバージョンも音がぜんぜん違うので注意です。

2010年版の方がぐっと音が前に出てくるし、分離もよいです。
そしてピアノの定位が少し右よりになっています。

最初に紹介した2016年版はSHM-CDなので、これがおそらく最高音質だと思います。

アンダーカレント

アンダーカレント

ですが、ボーナストラックが入っていません。 ということで、オススメは、ボーナストラックはApple Musicで聴いて、2016年版のCDを買うことです。