読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Charlie Christian研究入門 2. Jazz Immortal / Esoteric / ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン / After Hours

Charlie Christian研究入門

引き続き、Charlie Christianを調べています。

音源をApple Musicで手当たり次第聴いたりしたのですが、お昼のお仕事は前回紹介した

ザ・オリジナル・ギター・ヒーロー

ザ・オリジナル・ギター・ヒーロー

が音質も選曲も素晴らしくてよいです。

Seven Come ElevenはJim HallJoe Passもやっていますし、Rose Room、Solo Flight、Breakfast Feudなど、チャーリークリスチャンといえばこれ!という曲が入っています。というか、このアルバムに入っていないテイクは実はそんなになさそうです。

夜のお仕事は代表的というか、SwingからBebopへの過渡期のドキュメントとしてJazz史に残る名盤と言われているらしい、こちらのトラック 1 ~ 6を押さえておけばよいかと思います(残りのトラックにはチャーリー・クリスチャンは参加していません)。

Jazz Immortal / Esoteric / ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン / After Hours など、いろいろ名前がありますが、全部同じです。

これ、届くまで分からなかったのですが紙ジャケです。音質も一番いいです。

ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン

ミントンハウスのチャーリー・クリスチャン

  1. Swing to Bop
  2. Stompin' at the Savoy
  3. Up on Teddy's Hill
  4. Down on Teddy's Hill
  5. Guy's Got to Go
  6. Lips Flips

ライナーノーツによると、1941年5月の録音で、1. ~ 4. がミントンハウス、5. 6. はアップタウンハウスとのこと。

ライナーノーツはこちらに公開されています。素晴らしい。 『ジャズ・イモータル』 /チャーリー・クリスチャンほか

中でも1. 2. がよい感じの演奏で、Stompin' at the Savoyはスタンダードにもなっていますので、Grand Slamの後はこちらを研究しようと思っています。