How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

John Abercrombie & Andy LaVerne / Timeline

ということでJohn Abercrombie & Andy LaVerne / Timeline の続き。

Stairway to the stars

Stairway to the stars

11トラック中、7曲がUndercurrentとIntermodulation収録曲。 Undercurrent/Intermodulation好きにはたまらない選曲になっています。

Timelines (2002)

  1. My Funny Valentine (Undercurrent)
  2. Darn That Dream (Undercurrent)
  3. You Go To My Head
  4. Skating In Central Park (Undercurrent)
  5. Inner Voice
  6. Stairway To The Stars (Undercurrent)
  7. I'm Getting Sentimental Over You (Undercurrent)
  8. All Across The City(Intermodulation)
  9. Chance Meeting
  10. Turn Out The Stars (Intermodulation)
  11. Adagio

Undercurrent (1962)

  1. My Funny Valentine
  2. I Hear A Rhapsody
  3. Dream Gypsy
  4. Romain
  5. Skating In Central Park
  6. Darn That Dream
  7. Stairway To The Stars
  8. I'm Getting Sentimental Over You

Intermodulation (1966)

  1. I've Got You Under My Skin
  2. My Man's Gone Now
  3. Turn Out The Stars
  4. Angel Face
  5. Jazz Samba
  6. All Across The City

これは自分たちの特徴を、デュオの今を?敢えて同じ曲をやることで際立たせよう、ということでしょう。それぐらい自信がある、と。 企画ものと受け取られる可能性がありますから(実際、My Funny Valentineからはじまっていること、ジャケットはIntermodulation、と企画モノではあります)、これはかなりチャレンジング。1962 -> 2002年の40年でどれぐらいJazzは進んだのか、今やってみせるよ、と。

Undercurrent/IntermodulationにおけるJim Hallの演奏がよいものの基準になってしまっているので、僕の判断は宛になりませんが、それでも匹敵する演奏だと感じます。Undercurrent収録のスローテンポな曲が持つ、漂うような感じを持っていて、コンテンポラリーな響きもあり。 何より比較すると録音がよすぎる、というのがあり、これもかなりのアドバンテージ。 単にハイファイだからいいというわけでもないのですが、そこは40年の進化があります。