How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Kenny Garrett / Pursuance: Music of John Coltrane

コルトレーンつながりでKenny Garrett の Pursuance: Music of John Coltrane。 John Coltrane曲集。1曲だけTrack 11はオリジナル。 追求~PURSUANCE-コルトレーンに捧ぐアーティスト: ケニー・ギャレット,パット・メセニー,ロドニー・ウィテカー,ブライアン…

John Coltrane / Lush Life

ピアノレス・トリオ続きでJohn Coltrane の Lush Life。 Track 1, 2, 3(アナログだとA面?)がピアノレスであとはピアノが入る。 Lush Life (Reis)アーティスト: John Coltrane出版社/メーカー: Prestige発売日: 2006/03/21メディア: CD クリック: 4回この…

Sonny Rollins / Night at the Village Vanguard

The Complete Night At the Village Vanguard (Live)ソニー・ロリンズジャズ¥1800 ソニー・ロリンズの1957年、Village Vanguardでのライブ。 サックスのトリオ(ts, b, ds)。 この編成をピアノレス・トリオというそうです。 なんと和音を出せる楽器が一つも…

コードの耳コピ

ジャズでコピーといえば、聴いてコピーすることですが ギターにはタブ譜というものがあるので、それを見てコピーすることと区別するために 聴いてコピーすることを耳コピー、ちょっと略して耳コピといいます。 ちなみにジャズを真剣にやるなら、タブ譜とはサ…

Jim Hall, Bob Brookmeyer / Live At The North Sea Jazz Festival

Live At the North Sea Jazz Festivalジム・ホール & ボブ・ブルックマイヤージャズ¥1500 トロンボーンとギターというめずらしいデュオ。 Jim Hallはソロの不思議(ノン・ビバップ?)フレーズ、これリアルタイム作曲なんじゃないのフレーズも魅力ですが、バ…

Pat Metheny Guitar Etudes No.1 (5)

だいたい全般覚えたので、練習だけではなく、なんとかアドリブに使えないか?ということで、適当なコード進行を付けて弾いてみた。 KeyはD。2-5から始めて適当に連結。 これが面白い。 クロマティックなフレーズのアウト感とそれ以外なインな感じのコントラ…

Joe Pass With Red Mitchell / Finally - Live In Stockholm

Joe Passの作品はたくさんあって、Red Mitchell(b)ともやっています。 Live in Stockholmアーティスト: Joe Pass,Red Mitchell出版社/メーカー: Polygram Records発売日: 1993/03/23メディア: CD購入: 1人 この商品を含むブログを見る Joe Pass & Niels-Henn…

Joe Pass & Niels-Henning Orsted Pedersen / Northsea Nights

ギターとベースのデュオといえはJim Hall と Ron CarterのAlone Togetherが有名ですが、Joe Passもやっています。 Northsea Nightsアーティスト: Joe Pass,Niels-Henning Orsted Pederson出版社/メーカー: Ojc発売日: 1999/03/09メディア: CDこの商品を含む…

Joe Pass & J.J. Johnson / We'll Be Together Again

ジャズでよく演奏される楽器で和音を出せるものは実は結構少ない。 ピアノ ギター オルガン ヴィブラフォン ぐらいか? (ベースだって、ヴァイオリンだって出せると言えば出せますが、ほとんどやりません) この4つだとピアノが圧倒的に多くて、ギターも少…

Pat Martino / Alone Together

Alone Togetherの名演を探していたら、めずらしいギターデュオのアルバムが見つかりました。 しかもPat Martino。 Alone Togetherパット・マルティーノジャズ¥150provided courtesy of iTunes このアルバム、録音はあまりよくない。ギターのデュオなのに、両…

Pat Metheny Guitar Etudes No.1 (4)

ようやく、BPM 120で最後まで弾けるようになった。 荒いところを直しつつ、楽理的にどうなっているか研究して理解する。

Pat Martino / Nexus

Nexusアーティスト: Pat Martino出版社/メーカー: Highnote発売日: 2015/03/17メディア: CDこの商品を含むブログを見る Pat MartinoはExitぐらいしか聞いたことがなくて、ゴリっとしたイメージを持っていました。 なので、デュオの未発表アルバムが出たとニ…

John Abercrombie & Andy LaVerne / Timeline

ということでJohn Abercrombie & Andy LaVerne / Timeline の続き。 Stairway to the starsJohn Abercrombieジャズ¥250provided courtesy of iTunes 11トラック中、7曲がUndercurrentとIntermodulation収録曲。 Undercurrent/Intermodulation好きにはたまら…

Beautiful Love (2)

引き続きBeautiful Loveにはまって他のよい演奏を探しています。 John Abercrombie と Andy LaVerne はDuoのアルバムをいくつも発表していますが、このアルバムはその2人にリズムセクションが加わった編成。 コーラスがかかったギターが気にならないなら、疾…

Pat Metheny Guitar Etudes No.1 (3)

今日も同じく。 3ページ目に突入。かなりメロディックなので覚えやすい。 運指で迷うところもない。 だいたいあるメロディをスケールの何番目から始めるか、みたいな進行だと思う。 このEtude、楽理的にどうなっているか研究しても面白そうである。 まずは進…

Robert Glasper Trio / Covered

何かと話題のRobert Glasper。 Black Radioシリーズはあまり好きじゃないけど、アコースティック・トリオのアルバムは好きで、かなり注目しています。 MOODアーティスト: Robert Glasper Trio出版社/メーカー: FRESH SOUND NEW TALENT発売日: 2009/03/22メデ…

Michel Petrucciani / Power Of Three (Featuring Jim Hall And Wayne Shorter)

Power of Threeアーティスト: Michel Petrucciani出版社/メーカー: EMI Europe Generic発売日: 1993/01/21メディア: CDこの商品を含むブログ (6件) を見る スタンダードを覚えようと日々いろいろ聴いていますが、今日はなんだかBeautiful Loveが聴きたくなっ…

Pat Metheny Guitar Etudes No.1 (2)

今日も明日も明後日も。 ようやく2ページ目まで覚えた。 あと半分。後半はすごくメロディックな節が増えてくる。 Pat Metheny Guitar Etudes: Warmup Exercises for Guitar作者: Pat Metheny出版社/メーカー: Hal Leonard Corp発売日: 2011/09メディア: ペー…

ジャズ喫茶「ベイシー」の選択 ぼくとジムランの酒とバラの日々

ジャズ喫茶「ベイシー」の選択 ぼくとジムランの酒とバラの日々 (講談社+α文庫)作者: 菅原正二出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/08/16メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 最近はジャズ研究の一環としてジャズ喫茶文化を調べたり、実際に行っ…

Logic Pro Xをギターアンプ、チューナー、レコーダー、メトロノーム、マイナスワンとして使う

僕は現在、ギターアンプを持っていません。 ではどうしているかというと、MacBook ProもしくはAirにLogic Pro Xをインストールして、内蔵のAmp Designerというアンプシミュレーターを使っています。そしてLogic Pro Xがギターの練習環境になっています。 ど…

tp, as, ts それぞれの音を覚える。

トランペットとサックスの(音の)違いは分かるが、アルトサックスとテナーサックスの違いがそもそも、それぞれがどういう楽器かも含めて分かっていなかったので調べた。 アルトサックス(as) 音はテナーよりも高め。ぶりっとした音色。 キャノンボール・ア…

Cherokee

Galati Trio Alesssandro / Seals CherokeeAlessandro Galati Trioジャズ¥200provided courtesy of iTunes のCherokeeがかっこいいので他も探してみたけど、なかなか好きな感じの演奏が見つからない。 布川さんの金字塔1収録バージョンがかなりお気に入りで…

Fly Me To The MOON

最初に覚えるスタンダードとして「Fly Me To The MOON」をやっています。 理由は転調が無いのとKeyがC(Am)だから + 勉強会の課題曲だから。 しかし、この曲、Guitarでいい演奏が見つかりません。 Guitarがメインじゃないけど、この演奏がわりと好き。 フライ…

Galati Trio Alesssandro / Seals

Sealsアーティスト: Galati Trio Alesssandro出版社/メーカー: Imports発売日: 2014/07/01メディア: CDこの商品を含むブログを見る ジャズ批評のアワードで金賞でかつ録音すごい、と書いてあったので買ってみた。 たしかに録音すごいと思うし、演奏もよい。 …

Pat Metheny Guitar Etudes

Pat Metheny Guitar EtudeのNo.1を楽譜を読みながら音名をいいつつ練習。 五線譜で五線をはみ出ているところもぱっと音名が出るようになってきた。 Pat Metheny Guitar Etudes: Warmup Exercises for Guitar作者: Pat Metheny出版社/メーカー: Hal Leonard C…

Jazz Guitar演奏スタイルの不思議

開放弦をあまり使わない 単音の連続ではない(同時に複数音が鳴っている)アルペジオをあまり使わない コードで5thを鳴らさない ほとんどチョーキングしない と、ロックのギターを基準に考えているからか?と思ったけど、やはりギター奏法の標準的特徴からけっ…

OLIVER GANNON & MILES BLACK / Broadway

仕事を休みにしたので吉祥寺のディスクユニオンにふらっと行って、目についたデュオのCDを買ってきた。 OLIVER GANNON & MILES BLACK / Broadway Broadwayアーティスト: Oliver Gannon,Miles Black出版社/メーカー: Imports発売日: 2015/03/31メディア: CDこ…

4度

4度上がぱっと出てこないので、五線譜に4度上をどんどん書いていってそれを弾く練習をした。勉強会の課題曲Fly Me To The Moonでよい演奏を見つけたんだけどKeyがDmだった。そこで勉強会でやるオリジナルのKey(Am)に移調しないといけないんだけど、Am -> Dm …

現時点での目標

セッションに参加して、そこそこ聴けるレベルで弾ける につきる。 ので スタンダードを4曲 + FのBlues が弾けるように練習中。 問題はスウィングするか、である。

楽器の練習は記録から

楽器の練習は記録から ということで、十数年ぶりにギターを再開したので、記録を書いていく。 しかもとっても難しいと噂のJazz! 理論が難しいみたいな話がよくあるが、一番難しいのはスウィングするかどうか、つまりリズムの問題であると思う。 Jim HallとB…