How Deep Is The Jazz

Jazzの研究とJazz Guitar練習記

Jim Hall / Now's The Time (1)

Valse Hot - Sweet Basil 1978、名盤ですね。 intermodulation.hatenablog.com 今年の目標はブルースで(まー聞けるかなーレベルの)アドリブをできるようになることなので、Now’s The Timeの耳コピをはじめました。 原曲と違うのは、冒頭で原曲が ファ ファ…

2017年 今年もよろしくお願いいたします

2017年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 今年は Jim Hallのコピーを進める コピーしたフレーズなどをBluesで出せるように セッションに参加してBluesで一曲弾く を目標に頑張っていこうと思います。 去年は後半、あまり…

2016年 よく聴いたジャズのアルバム 10枚

2016年もそろそろ終わりということで、2016年によく聴いたアルバムを10枚あげてみました。 意外とジャズばっかりでした。 ジャズが好きでギターをやる方なら気に入ってくれるかもしれません。 Jim Hall Live Vol 2-4 / Jim Hall Jim Hall (Live!), Vol. 2-4…

INSTRUCTIONAL DVD FOR GUITAR / Jim Hall

「そういえば、Jim Hallがどうやって弾いているか、動画を見て研究したことがないなぁ。昔ギターやってたときは好きなギタリストのブートのVHSを必至で探して買ってたのに」 と思って、最近はたまにJim Hallの動画を探しています。 意外と作品としてまとまっ…

ビル・エヴァンス ジャズピアニストの肖像 / ピーター・ペッテインガー

ビル・エヴァンス―ジャズ・ピアニストの肖像作者: ピーターペッティンガー,Peter Pettinger,相川京子出版社/メーカー: 水声社発売日: 1999/12メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (9件) を見る ビル・エヴァンスの一生を詳細に書いた本です…

Undercurrent / Bill Evans and Jim Hall (3) 2016年再発版はまた音が違う

intermodulation.hatenablog.com で書いたUndercurrentのヴァージョンによる音の違いですが、気になったので2016年版を買ってみて今日届きました。 2016年版もたぶん2010年版と同じではないかと書きましたが、違いました。 それぞれ 2016年版はピアノがセン…

Undercurrent / Bill Evans and Jim Hall (2) 収録曲

Undercurrentの収録曲を調べてみました。 1. My Funny Valentine (Richard Rodgers, Lorenz Hart) スタンダード中のスタンダード。 一番有名なのはMilesの演奏でしょうか。 My Funny Valentineマイルス・デイヴィスジャズprovided courtesy of iTunes この速…

Undercurrent / Bill Evans and Jim Hall (1) バージョンについて

Intermodulationばかり研究していますが、Undercurrentももちろん好きで、Jazzにハマるきっかけになったアルバムです。 UndercurrentはIntermodulationと比べると有名作なためか、かなりヴァージョンが乱立しています。 まずジャケットが3種類ぐらいあります…

Jam Ka / 小沼ようすけ

Jam Ka Deux intermodulation.hatenablog.com にはまっていて、前作も聴こうと探したのですが、前作Jam Kaは、Hybrid SACDでリリースされています。 Jam Kaアーティスト: 小沼ようすけ出版社/メーカー: SMJ発売日: 2010/06/23メディア: CD クリック: 7回この…

Jam Ka Deux / 小沼ようすけ

Jam Ka Deux special site 小沼ようすけさんの新作、 Jam Ka Deux 出ました。 Jam Ka=“Ka(グオッカ・ドラム)とジャムる”という意味で「ジャム・カ」 小沼ようすけ待望の新作は、カリブ海に浮かぶフランス海外県グアドループの民族リズム“グオッカ”を採り入…

To Sweden With Love(スウェーデンに愛をこめて)/ Art Farmer

Art FarmerのTo Sweden With Love(スウェーデンに愛をこめて)が今月、SHM-CDで再発されるそうです。 " title="スウェーデンに愛をこめて">スウェーデンに愛をこめてアーティスト: アート・ファーマー・カルテット・フィーチャリング・ジム・ホール,アート…

Jim Hall / Angel Face (1)

ここ三ヶ月ぐらい、Intermodulationの4曲目、Angel Faceをコピー・採譜していましたが今日、楽譜化まで完了しました。 フレーズの紹介とかは次回以降にして、今回はコピーしての感想などを。 いやぁ、この曲は美しい。 テンポはかなり遅い、BPM 70ぐらいです…

Jim Hall and Red Mitchell Duo LTD Edition CD (3) / ArtistShare

本日、届きました。 内容確認しましたが、前述の通りでした。 intermodulation.hatenablog.com ただし、ハイレゾ版は96kHzではなく、倍の192kHzでした。訂正。 意外と早く届きましたけど、ディスクユニオンで先に発売は驚きでした。 しかし進捗が知れたり、…

Jim Hall and Red Mitchell Duo LTD Edition CD (2) / ArtistShare

先日書いたこれですが intermodulation.hatenablog.com なんと、家に届く前にディスクユニオンで販売開始されていました。 2016年下半期のビッグトピック。artistShareからJIM HALL AND RED MITCHELLの未発表音源が遂に登場。 | diskunion.net JAZZ ONLINE S…

小沼ようすけのPREMIUM ONE / TS ONE

www.tokyosmart.jp TS ONEというネットラジオがありまして、その中の【小沼ようすけのPREMIUM ONE】という番組で小沼ようすけさんのラジオが聴けます。 いろいろなテーマで、最近だとハービー・ハンコック特集とかで曲をかけて、小沼さんがそれについて語る…

Guitar magazine 2016年12月号に小沼ようすけさんのセッション収録

Guitar magazine 2016年12月号 Guitar magazine (ギター・マガジン) 2016年 12月号 (CD付) [雑誌]作者: ギター・マガジン編集部出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2016/11/11メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る に小沼ようすけさんと、最…

Archtop Tribute AT101 Classic / WALKiN' を買いました

Jazzをやろうと思って最初に買ったGibsonのアイスティーサンバーストの ES-175D(69〜72年)を長らく使っていたのですが この175、買ったときからかなりトップ落ちしていました。 その分だいぶ安かったのですが、やはり安かろう悪かろうで、ついにオクターブ…

Jim Hall and Red Mitchell Duo LTD Edition CD / ArtistShare

ArtistShareというサイトがありまして、Jim Hallの作品がいくつか出ています。 名盤「LIVE!」 Live!アーティスト: Jim Hall出版社/メーカー: Verve発売日: 2003/03/25メディア: CD購入: 2人 クリック: 10回この商品を含むブログ (2件) を見る のアウトテイク…

Charlie Christian研究入門 3. THE LEGEND OF CHARLIE CHRISTIAN

Charlie Christianの決定版的書籍がでました。 レジェンド・オブ・チャーリー・クリスチャン(CD付)作者: 久保木靖出版社/メーカー: リットーミュージック発売日: 2016/09/16メディア: 楽譜この商品を含むブログを見る とにかく全部入り、という感じです。 僕…

小沼ようすけ研究 1. 準備編

最近、小沼ようすけさんにハマっていまして、いろいろ集めたり練習したりしています。 まず、小沼ようすけのソロ・ギター・メソッド HOP STEP JAZZ! という本が出まして、これが素晴らしい。 小沼ようすけのソロ・ギター・メソッド ホップ・ステップ・ジャズ…

チャーリー・パーカー研究 1.入門(音源と書籍、トラックの調べ方)

Billie's Bounceの作者がチャーリー・パーカーで、オリジナルを聴いたりしています。 チャーリー・パーカー、やっぱりいいですね。録音がよくないのでアレですが、いろいろ聴いていると、この曲はパーカーが大本なのか、など発見があります。最後の方はCole …

Jim Hall / I've Got You Under My Skin (1)

intermodulation.hatenablog.com Jim Hall / Billie's Bounceの採譜が終わって練習・分析中でして、次の耳コピ用曲として Intermodulationの1曲目、I've Got You Under My Skinを選びました。 Jim Hallは難しいので、簡単なブルースからやろう、何にしてもブ…

ジャズ・ギター・レジェンズ Vol.1 ジム・ホール

ジャズ・ギター・レジェンズ Vol.1 ジム・ホール (シンコー・ミュージックMOOK)出版社/メーカー: シンコーミュージック発売日: 2012/08/22メディア: ムックこの商品を含むブログ (4件) を見る jazz guitar book Presents ジャズ・ギター・レジェンズ Vol.1 …

Jim Hall / Billie's Bounce 研究1

ライブ・イン・トーキョー~完全版~アーティスト: ジム・ホール出版社/メーカー: キングレコード発売日: 2015/12/09メディア: CDこの商品を含むブログを見る LIVE IN JAPAN の Billie's Bounce のソロ17コーラス、今日採譜完了しました。Bass Solo時のバッキ…

Fred Hersch & Julian Lage / Free Flying

最近注目しているギタリスト、Julian Lageの参加作品を追っていたらIntermodulationに次ぐPianoとGuitarのDuo作品に出会えました。 Fred Hersch とのDuoのFree Flyingです。 Free Flyingジュリアン・レイジ & Fred Herschジャズ¥1350 なぜか分かりませんが、…

ギター用の楽譜においてポジションと運指をどう記述するか (HARU記法)

ギター用の楽譜においてポジションと運指をどう記述するか (CJG記法その1) では、コンテンポラリージャズギター(書籍)の記述方法(CJG記法)を採用してはどうかということを書きました。 何弦で弾くかだけを記述する、つまり弦番号だけ書いてはどうだろ…

Jim Hall / LIVE IN TOKYO ハイレゾ版

LIVE IN TOKYO のハイレゾ版が販売されていました。 http://mora.jp/package/43000014/KICJ2459_F/ JAZZ IMPRESSIONS OF JAPAN(無言歌) もあります。 http://mora.jp/package/43000014/KICJ2460_F/

コピーしたときに練習する

相変わらずコピーしては採譜していますが、1曲で1ヶ月以上かかるので、CD1枚で大変長い期間楽しめてとても低コストです。 いいギターとギターアンプがあればより楽しめます。 さて、コピーしていて最近気になっているのが "コピーして採譜すると、どんどん先…

ギター用の楽譜においてポジションと運指をどう記述するか (CJG記法その1)

近ごろ、よく採譜しているのですが、ギターでどのポジションでどういう運指で弾くか、試行錯誤した結果を残したいときがあります。 しかし、タブ譜にはしたくない。 タブ譜にしたくない理由は 自分が弾いている音が何なのか分からないけど弾けている、という…

DV MARK JAZZ 12

ギターアンプが欲しいなと常々思っていたのですが、Logic Proのギターアンプ・シミュレーターでいろいろできるし、いいか、と購入には至っていませんでした。 intermodulation.hatenablog.com しかし、布川俊樹さんがライブで使われていて、とてもよい音だっ…